検索
  • Chikako Noro

細胞接着分子と幹細胞

最終更新: 4月5日





第19回日本再生医療学会総会(横浜)にて、ポスター発表を行います。

野呂 知加子, 福岡 正也, 中山 柊人, 中久喜 隆輔, 福田 昇「ES細胞とEC細胞のエピゲノム状態の違いと細胞接着関連遺伝子発現差の関連」

総会はコロナのためキャンセルに。


日本分子生物学会年会2019にて発表

福岡正也,中山柊人,佐野裕樹,野呂知加子(2019)カドヘリンプロモーターに対して設計したPirrole-Imidazol (PI)ポリアミドは、胚性幹(ES)細胞と胚性がん腫(EC)細胞とで異なる効果を示した第42回日本分子生物学会年会 2019年12月3-6日 福岡国際会議場 福岡



0回の閲覧

©2020 by 野呂知加子ラボ。Wix.com で作成されました。