細胞接着分子カドヘリンの研究 (Research on Cell Adhesion Molecule "Cadherin")

 

カドヘリンの発見

竹市は京大の岡田研に戻り、カルシウム依存的な細胞接着分子の同定するために、細胞間接着を阻害する抗体の作成を試みました。当時、テラトカシノーマ・F9細胞に対する抗体が8細胞期のマウス胚のコンパクションを阻害することが報告されました(Kemler et al., 1977)。この現象と自分が見ている細胞間接着の現象は似ていると直感した竹市は、F9細胞のポリクローナル抗体を作成し、それが細胞接着を阻害できることを発見しました(Yoshida and Takeichi, 1982)。さらに、細胞接着を阻害できるモノクロナール抗体のクローニングに成功しました(Yoshida-Noro et al., 1984)。

カドヘリン発見物語(理研竹市研)(Discovery of Cadherin)   http://www.cdb.riken.jp/ctp/cadherin.html

カドヘリンの命名

この大事な接着分子に名前を早く付けろと岡田先生に急かされて、この分子の研究に携わった野呂知加子さん(現日本大学助教授)達と相談して、カルシウム(calcium)と接着(adhere)の2つの単語を合わせたカドヘリン(cadherin)に決めました。

細胞から個体へ − 脇道から到達した発生生物学の本流(JT生命誌研究館)(竹市)(Naming of Cadehrin)  http://brh.co.jp/s_library/interview/51/

カドヘリンの名前の由来

Douglas Sipp
Int. J. Dev. Biol. (2004) 48: 387-396
How did you settle on the name “cadherin?”
I had a few ideas for names, but I wasn’t confident about what would sound good in English. There was a researcher named David de Pomerai on a one-month visit to the Okada lab at the time, so I asked him his opinion and he said cadherin worked well. Actually, it was Chikako Yoshida who first proposed ‘cadherin,’ combining elements from ‘calcium’ and ‘adhere’.

Discovery and characterization of the cadherin family of cell adhesion molecules. An interview with Masatoshi Takeichi.

http://www.ijdb.ehu.es/web/paper.php?doi=041801ds

第21回日本国際賞受賞 『細胞接着の分子機構解明における基本的貢献』   2005

https://www.japanprize.jp/prize_past_2005_prize02.html

竹市 雅俊博士 エルキ・ルースラーティ博士

トムソン・ロイター引用栄誉賞『細胞接着分子カドヘリンの発見』  2012

https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2012/09/20120919_02.html

竹市 雅俊博士

理化学研究所 竹市雅俊名誉研究員がガードナー国際賞を受賞 2020

https://www.riken.jp/pr/news/2020/20200401_5/index.html

​ガードナー国際賞2020  「動物細胞の接着とシグナリングにおけるカドヘリンと関連タンパク質の発見、特性評価、生物学」

https://gairdner.org/the-2020-canada-gairdner-awards/

2020 Canada Gairdner International Award

Dr. Masatoshi Takeichi
Senior Visiting Scientist, RIKEN Center for Biosystems Dynamics Research, Kobe, Japan; Professor Emeritus, Kyoto University, Kyoto, Japan
Dr. Rolf Kemler
Emeritus Member and Director, Max Planck Institute of Immunobiology and Epigenetics, Freiburg, Germany

Awarded “For their discovery, characterization and biology of cadherins and associated proteins in animal cell adhesion and signalling.”

Cadherinに関する自分の論文(My Papers)

Cadherin 細胞接着分子に関する最近の発表(My Presentations)

  • 野呂知加子, 福岡正也, 中山柊人, 中久喜隆輔, 福田昇(2020)  ES細胞とEC細胞のエピゲノム状態の違いと細胞接着関連遺伝子発現差の関連第19回日本再生医療学会総会 2020年3月12-14日 パシフィコ横浜 横浜

  • 福岡正也, 中山柊人, 佐野裕樹, 野呂知加子(2019)  カドヘリンプロモーターに対して設計したPirrole-Imidazol (PI) ポリアミドは、胚性幹(ES)細胞と胚性がん腫(EC) 細胞とで異なる効果を示した  第42回日本分子生物学会年会 2019年12月3-6日 福岡国際会議場 福岡

  • 佐野由樹,福田昇,野呂知加子(2016) 「細胞接着分子カドヘリンプロモーターに対して設計したPIポリアミドによる幹細胞分化の研究」 第39回日本分子生物学会年会 2016年12月1日 パシフィコ横浜 横浜

  • 山下翔平, 三浦大輝, 野呂知加子(2015) 「未分化細胞維持のための細胞培養基質の検討と細胞分離」BMB2015, 第38回日本分子生物学会年会・第88会日本生化学会大会合同大会, 2015年12月3日、神戸ポートアイランド、神戸

  • 山下翔平, 三浦大輝, 野呂知加子(2015) 「細胞外マトリックスの未分化幹細胞維持に対する効果」第14回日本再生医療学会総会 2015年3月20日 パシフィコ横浜 横浜

  • Yoshida-Noro C, Yamazaki T, Mirura Y, Kohsaka A, Matsumoto T, Sugiyama H, Fukuda N (2014) Pyrrole-imidazole polyamides targeted to the E-cadherin promoter induce epithelial-mesenchymal transition in human hepatoma cells. 18thInternational Conference of the International Society of Differentiation in conjunction with the British Society for Developmental Biology (ISDB-BSDB Joint Meeting). Nov.3, 2014, The Guoman Tower Hotel, London, UK.

  • 野呂知加子、立花ひかる、山下翔平(2014) 細胞接着基質特性とES細胞分化第13回日本再生医療学会総会 2014年3月5日 京都国際会議場 京都

  • 三浦裕太、山崎陽花、小森谷友絵、神野英毅、杉山弘、福田昇、野呂知加子(2011) PIポリアミドによるカドヘリン遺伝子発現抑制と上皮-間充織転換の遺伝子発現解析(Gene Expression Analysis of Epithelial-Mesenchymal Transitionby the Repression of E-cadherin with Pyrrole Imidazole Polyamide) 第34回日本分子生物学会年会 2011年12月13日(火)~16日(金)パシフィコ横浜

  • 三浦裕太、山崎拓也、上村悟氏、小澤要、小森谷友絵、神野英毅、杉山弘、福田昇、野呂知加子(2011)PIポリアミドによるカドヘリン遺伝子発現抑制と上皮-間充織転換誘導(Induction of Epithelial-Mesenchymal Transitionby the Repression of E-cadherin with Pyrrole Imidazole Polyamide) 第84回日本生化学会大会 2011年9月21日(水)~24日(土)国立京都国際会館

  • 山崎拓也、三浦裕太、伊藤孝、上村悟氏、石井孝侑、小森谷友絵、神野英毅、杉山弘、福田昇、野呂知加子 (2010)カドヘリン発現抑制による上皮-間充織転換誘導の分子細胞生物学的定量解析 BMB2010 2010年12月神戸ポートアイランド

  • 野呂知加子、三浦裕太、山崎拓也、海老原俊一、小宮山翔吾、松本太郎、福田昇(2009)PIポリアミドによるカドヘリン遺伝子発現抑制と上皮-間充織転換誘導 第32回日本分子生物学会年会 2009.12.9(水)パシフィコ横浜

  • 野呂知加子(2008)「ゲノム化学による細胞接着分子発現抑制と細胞分化・がん転移」さきがけ研究懇話会 12月 名古屋

  • 野呂知加子、渡邊高匡、加野浩一郎、松本太郎、福田昇(2008) Eカドヘリン発現抑制によるEmbryonal Carcinoma細胞の分化誘導第7回日本再生医療学会総会  3月 名古屋

  • Yoshida-Noro C, Watanabe T, Morohashi A, Matsumoto T, Mugishima H, Fukuda N, Kano K. (2007) Differentiation of Embryonal Carcinoma cells induced by the Disruption of E-Cadherin Function (Eカドヘリン機能阻害によるEmbryonal Carcinoma細胞の分化誘導)日本発生生物学会第40回大会 5月 福岡

Cadherin 細胞接着分子に関する重要な総説 (Important Reviews)

©2020 by 野呂知加子ラボ。Wix.com で作成されました。